遺産分割による相続登記

相続が発生すると相続財産は共同相続人の共有の財産になります。
この相続財産の最終的な所有者(帰属先)を決めるのが遺産分割協議です。
遺産分割協議には共同相続人全員の参加が必要です。
一部の相続人を除外してなされた遺産分割協議は無効です。

このように、共同相続人全員の参加によりなされた遺産分割協議に基づき相続登記をするには書面が必要になります。遺産分割協議で決まったことを書面にしたものが遺産分割協議書になります。
この書面に基づいて「相続」を原因とする、所有権移転登記をすることが出来ます。

ただし、法定相続人による所有権移転登記をした後に、遺産分割が成立しそれに基づき所有権移転登記をする場合には「遺産分割」を原因とする所有権移転登記になります。
一般的には遺産分割でもめたり、長引いたりしない限りは相続発生後、遺産分割協議書に基づいて初めて相続登記を行うことが多いです。

相続登記を二度行うと、税務署に対してその理由を説明する等煩雑なことが増えますので、ご注意下さい。

遺産分割による相続登記の必要書類

相続登記(不動産の名義変更)には原則として上記の書類が必要になります。
必要書類は自分で集めることも行政書士、司法書士等の相続の専門家に依頼をして集めることも出来ます。

必要書類

  • 被相続人の除籍謄本・改製原戸籍等(出生かた死亡までのもの全部)
  • 被相続人の住民票除票(本籍地入り)または戸籍の附票
  • 相続人の戸籍謄本・住民票・印鑑証明書・委任状
  • 相続する不動産(土地・建物)の固定資産税の評価証明書
  • 遺産分割協議書





【主な業務エリア】<千葉県>千葉市(中央区、稲毛区、花見川区、美浜区、若葉区、緑区)四街道市、習志野市、船橋市、浦安市、市川市、市原市、鎌ケ谷市、柏市、松戸市、野田市、成田市、佐倉市、東金市木更津市、銚子市、館山市、茂原市、、旭市、勝浦市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、いすみ市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市印旛郡(酒々井町、印旛村、本埜村、栄町香取郡(神崎町、多古町、東庄町)山武郡(大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町長生郡(一ノ宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)夷隅郡(大多喜町、御宿町)安房郡(鋸南町)
<東京都>葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区