相続登記のタイムスケジュール

相続登記は、相続手続の最終段階で行うことが良いと考えられます。
相続税の申告がある場合には相続発生後10ヶ月以内に行わなければなりませんので、相続税の申告が終わってから相続登記を行うことが良いと考えられます。
相続税の申告が必要ない場合にも概ね1年以内に相続登記を行うことが良いと考えられます。

ただし、相続人の中に借金がある人が居る場合や、マイナスの相続の場合には相続手続が異なりますので、専門家に相談することが必要です。

相続登記を税の申告を考慮せずに行った結果、評価減が使えなくなり、その相続財産に対しての税金が何倍にもなった例があります。

また、不動産登記のためだけに一部の相続財産の遺産分割を先に行った結果、全体の遺産分割でもめてしまいトラブルになる事例があります。
さらに、相続税の評価における、小規模宅地等の減額の特例や広大地評価が使えなくなる可能性がもあります。

相続登記は税理士等に御相談の上で、最終的に司法書士に依頼することが必要になる場合も多いと考えられます。

手続の種類と期限

以下の表は、相続開始日(被相続人の死亡の日)から起算しての手続きが記載されています。
相続登記は、死亡後であればいつでもできるため、上記のようなトラブルのもとになりかねません。
手順からすると、登記は一番最後に行うようにしてください。

タイムスケジュール





【主な業務エリア】<千葉県>千葉市(中央区、稲毛区、花見川区、美浜区、若葉区、緑区)四街道市、習志野市、船橋市、浦安市、市川市、市原市、鎌ケ谷市、柏市、松戸市、野田市、成田市、佐倉市、東金市木更津市、銚子市、館山市、茂原市、、旭市、勝浦市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、いすみ市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市印旛郡(酒々井町、印旛村、本埜村、栄町香取郡(神崎町、多古町、東庄町)山武郡(大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町長生郡(一ノ宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)夷隅郡(大多喜町、御宿町)安房郡(鋸南町)
<東京都>葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区