数次相続登記

相続が過去に発生し、その相続登記をしないうちにさらに相続が発生した場合を、数次相続と言います。

具体的には、祖父甲が死亡した後、甲名義の不動産を相続登記しないで放っておき、その後、父乙が死亡したような場合を言います。乙の相続人がA.B.Cとします。


この場合、甲名義の不動産を乙が相続したならば、はじめに乙の相続登記をした後に、A.B.Cの相続登記を行うことが原則です。
しかし、中間の相続が単独相続であるという一定の要件を満たせば(最終の相続人は複数でも可能)、中間の登記を省略して、一つの申請書で甲名義から直接現在の相続人A.B.Cへと相続登記の申請をすることが可能です。
しかしながら、相次相続と相続税の申告がからんでいる場合には注意が必要です。

御主人(父)が亡くなった場合に、遺産分割も相続登記もせずに、母が亡くなった場合に問題になることがあります。

  1. 父の財産を全額母が相続したのか。
  2. 父の財産の1/2を母が相続し、残りの1/2を息子たちが相続したのか。
  3. 父の財産を母は全く相続せず、息子が全額相続したが、分割協議書の作成と相続登記をしていないだけなのか。

1.2.3.のどれかによって、相続財産に入る内容に違いが出ますし、相続税額がまったく異なります。

相続登記をしていないと、直接的な証拠が無いため、どのように相続したのか不明であるため、税務署の事実認定によることになります。相続登記と相続税は重要な関係があるため、専門の税理士に相談してから相続登記を行うことが重要です。






【主な業務エリア】<千葉県>千葉市(中央区、稲毛区、花見川区、美浜区、若葉区、緑区)四街道市、習志野市、船橋市、浦安市、市川市、市原市、鎌ケ谷市、柏市、松戸市、野田市、成田市、佐倉市、東金市木更津市、銚子市、館山市、茂原市、、旭市、勝浦市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、いすみ市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市印旛郡(酒々井町、印旛村、本埜村、栄町香取郡(神崎町、多古町、東庄町)山武郡(大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町長生郡(一ノ宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)夷隅郡(大多喜町、御宿町)安房郡(鋸南町)
<東京都>葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区