不動産贈与登記

不動産を贈与した場合には、贈与を原因とする登記を行うことが必要です。
不動産の贈与登記を行えば、これらの情報はもれなく税務署が把握し、「お尋ね」等により贈与税の課税について資料が収集されます。

不動産の贈与登記を行う前に、相続、贈与に詳しい税理士に相談してから実行することをおすすめします。
不動産贈与登記を行ってからでは、課税が免れないこともあるため、事前相談が原則です。登記の専門家は司法書士です。
贈与税の唯一の専門家は税理士だけです。
司法書士に税金の相談は出来ませんし、たとえ無料であっても税金の相談をすれば税理士法違反になります。

贈与税は原則として、最も税負担が重い税金です。
相続税や譲渡所得税との比較等、贈与を原因とする登記をした方が良いのか、譲渡や贈与税を一部負担しての低額譲渡、遺言の活用による相続や、遺贈等様々な角度から検討することが必要です。

贈与税の特例措置

また、贈与税には様々な特例措置がありますので、特例にあてはまる場合には無税で贈与を行うことも可能です。

  • 婚姻期間20年以上の夫婦間で居住用不動産を贈与した場合の配偶者控除
  • 相続時精算課税制度
  • 居住用不動産購入のための贈与  等

いずれの場合も贈与税の申告をすることが要件になります。
毎年のように税法は変わりますので、詳しいことは直接ご相談下さい。
千葉県内の相談者に限り無料相談を実施しています。





【主な業務エリア】<千葉県>千葉市(中央区、稲毛区、花見川区、美浜区、若葉区、緑区)四街道市、習志野市、船橋市、浦安市、市川市、市原市、鎌ケ谷市、柏市、松戸市、野田市、成田市、佐倉市、東金市木更津市、銚子市、館山市、茂原市、、旭市、勝浦市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、いすみ市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市印旛郡(酒々井町、印旛村、本埜村、栄町香取郡(神崎町、多古町、東庄町)山武郡(大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町長生郡(一ノ宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)夷隅郡(大多喜町、御宿町)安房郡(鋸南町)
<東京都>葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区