建物を新築した場合の登記

新築住宅は不動産登記法15条の2により、1ヶ月以内に建物表題登記(建物表示登記)をしなければなりません。
これは、司法書士ではなく、土地家屋調査士が行います。

建物表題登記が終わったら、司法書士がこの建物は○○の所有であるという保存登記を行います。

表示登記の必要書類

表示登記には、次のような書類が必要です。

  • 建築確認完了検査済証、建築確認済証、建物引渡証明書等の所有権証明書
  • 住所証明書
  • 建物の図面、各階平面図
  • 建物表示登記申請書

土地家屋調査士の費用は8万円〜12万円程度と言われています。






【主な業務エリア】<千葉県>千葉市(中央区、稲毛区、花見川区、美浜区、若葉区、緑区)四街道市、習志野市、船橋市、浦安市、市川市、市原市、鎌ケ谷市、柏市、松戸市、野田市、成田市、佐倉市、東金市木更津市、銚子市、館山市、茂原市、、旭市、勝浦市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、いすみ市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市印旛郡(酒々井町、印旛村、本埜村、栄町香取郡(神崎町、多古町、東庄町)山武郡(大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町長生郡(一ノ宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)夷隅郡(大多喜町、御宿町)安房郡(鋸南町)
<東京都>葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区