不動産を売却するときにチャンスを失うリスク

不動産の名義が被相続人(亡くなった人)のままになっていれば、売りたいと時に売ることが出来なくなります。

相続によって取得した不動産を売却する場合、所有権が変更されていることが必要です。
被相続人(亡くなられた人)の名義なっていれば、誰が権利者かわからないため、原則として売却することが出来ません。

特に相続が発生してから何年も経過し、収用や地上げにより億単位で土地が売却することが出来るとわかった場合、他の相続人(もしくは相続人が亡くなっていればその子)は黙ってあなたの相続登記を認めてくれるかどうかわかりません。 自分達もそれ相当の金額が欲しいと言われないとも限りません。

このような問題も、遺産分割や相続登記を放置しておけばおくほど、起こる確率は高くなります。






【主な業務エリア】<千葉県>千葉市(中央区、稲毛区、花見川区、美浜区、若葉区、緑区)四街道市、習志野市、船橋市、浦安市、市川市、市原市、鎌ケ谷市、柏市、松戸市、野田市、成田市、佐倉市、東金市木更津市、銚子市、館山市、茂原市、、旭市、勝浦市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、いすみ市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市印旛郡(酒々井町、印旛村、本埜村、栄町香取郡(神崎町、多古町、東庄町)山武郡(大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町長生郡(一ノ宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)夷隅郡(大多喜町、御宿町)安房郡(鋸南町)
<東京都>葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区