相続登記による名義変更を行わない場合のリスク

時間が経過するほどに相続登記が複雑になりし難くなります。

登記が後になればなるほど相続関係が複雑化する

遺言書もない場合、遺産分割協議書も作成せずに相続登記をしないで何年、何十年も放置しているうちに相続人が死亡して次の代になったり、また相続人が元気でも経済環境や心境の変化により、相続登記への協力が得られなくなる場合もあります。

相続人が亡くなって、その子の世代になれば、相続人の人数が増えることになり、相続が複雑化したり、相続人の人数が何十人になることもあります。そして、不動産の相続登記をしようとしている人との関係も薄くなり、遺産分割協議もしづらくなるのが一般的です。

また、相続関係が複雑になり関係者が増えれば、相続登記に必要な戸籍謄本や住民票の必要書類の数も増え、それに伴い費用の増加や手間や時間も多くかかることになります。





【主な業務エリア】<千葉県>千葉市(中央区、稲毛区、花見川区、美浜区、若葉区、緑区)四街道市、習志野市、船橋市、浦安市、市川市、市原市、鎌ケ谷市、柏市、松戸市、野田市、成田市、佐倉市、東金市木更津市、銚子市、館山市、茂原市、、旭市、勝浦市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、君津市、富津市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、いすみ市、匝瑳市、南房総市、香取市、山武市印旛郡(酒々井町、印旛村、本埜村、栄町香取郡(神崎町、多古町、東庄町)山武郡(大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町長生郡(一ノ宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)夷隅郡(大多喜町、御宿町)安房郡(鋸南町)
<東京都>葛飾区、足立区、荒川区、台東区、江戸川区、墨田区、江東区、千代田区、中央区、港区、文京区、豊島区、新宿区、渋谷区、目黒区、品川区、大田区、世田谷区、中野区、杉並区、北区、板橋区、練馬区